素材にまつわるストーリー2



白蝶真珠、黒蝶真珠は形や色の多彩さが特徴。

白蝶はホワイトのほか、ゴールデンや、青みのあるシルバー、とても珍しいけれどピンクに近い色合いのものも出ることがあります。


黒蝶は、この画像のネックレスに用いたもののように、ウォームベージュのような色から、パステルカーキのような色も。

そしていわゆるピーコックグリーンと呼ばれる孔雀の羽の色のような鮮やかなブラックグリーンも…

多種多様な色合いが魅力です。

デザインによってイメージする珠が思い浮かぶと、ストックからそのイメージに合うものを選びます。

…が、そう上手く手持ちのストックにあることは少なくて、そうなると、リングの枠は出来ているのに、つける真珠がないまま探し回ることになります。

香港ジュエリーショーなど大きな展示会で真珠のブースをまわりに回って探し歩いても見つからず、結局一番近いIJK(神戸のジュエリーショー)で巡り合ったことも…



真珠はひとつ一つが異なる顔をしているからこそ、それを使ったジュエリーを形作ることが楽しさでもあります。


BAY COLLECTION ウェブサイトはこちら→☆


クリック頂けると嬉しいです
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます

コメント